« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

雨あがりの庭で―水玉の世界

庭のアジサイも今が盛り。雨あがりの庭で水玉レンズを求めて撮ってみました。といっても25日の撮影ですが・・・。(クリックして画像を大きくしてご覧ください。)
070625aj0520シマアシのコロコロ水玉の中に、アジサイ発見♪ 

0706250527奥に見えるのは隣家のアジサイなのですが・・・、

070625gaj0527中央部分の水玉だけトリミングしてみると、シマアシとアジサイが映っていました♪

070625aj0538こちらもかなりはっきり映りました。大きなアジサイがうちのアジサイで、みどりのかたまりは隣家のアジサイです。

070625mkg0515咲き始めたムクゲの花の雫の中にも、水玉ワールドを見つけました。葉がびっしりのムクゲが映っていました。

070625kn0513そして、こちらはコニファーに広がる水玉ワールド。やっぱりコニファーが映っているのでした。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

ツマグロヒョウモン

Tumaguro070605i先日、クロアゲハを撮った帰り道に出合ったツマグロヒョウモンのメスです。オートモードで撮ったのですが、ちょっとボケております^_^; (昨年の記事の方がクリアに撮れています。)

Tumaguro070605oこちらは、翅の表(内側)と裏(外側)が同時に撮れました!

このところ、アゲハチョウはモンシロチョウやシジミチョウなどよく見かけるようになりましたが、その分毛虫、イモムシを見かけることも多くなりました(>_<) 先日、庭のムクゲにいた毛虫を割り箸で取ろうとしたら、見失ってしまった・・・と思ったのですが、しばらくしてわたしのズボンの上を這っているのに気付き、悲鳴を上げてしまいました!どうしてあのようなケムシが、こんなふうな綺麗なチョウになるんでしょうねえ・・・。

 ★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

雨あがりの庭で―水玉レンズ

Sky0706101229_1昨日からの雨と雷が朝になっても続いていましたが、昼前からようやく青空が出てきました。ほら、いい感じの青空でしょ。

(画像はクリックすれば全て少し大きくなります~)

Ajisai070610smこのブログではおなじみのシマアシとアジサイ。アジサイもあっという間に色づいてきて、いまやこんなに濃い赤紫色です。シマアシもこのところの雨でぐんぐん伸びてこんなに元気^_^;(これ以上伸びてくれなくていいから・・・)

070610ajp6100386雨あがりのシマアシの葉の上には、コロコロの水玉がいっぱいなんです。なかなかこんな綺麗な形の水玉は他の葉っぱの上にはないんですよね。新しいカメラ(OLYMPUS SP-550UZ)にはスーパーマクロ機能があるので、期待して撮ったのですが・・・・、なかなか綺麗に周りの景色が映りこみません。撮りたい水玉にピントがなかなか合わないのですよね。今日撮ったアジサイを映りこませた水玉の中ではこの画像が一番でした(以下3枚の画像はトリミングしてあります)。

070610skp6100412こんなところに青空が・・・。青空と一緒に映っているのはシマアシの葉です。

070610knp6100422コニファーについていた水玉の中は、コニファーと車と家かな? 下に写っている糸は蜘蛛の糸です。こんな風に撚れているんですねえ・・・。

今までの水玉写真はカテゴリーの水玉へ。今までのはCASIO EX-40で撮ったものですが、CASIOの方が水玉は優秀かも^_^; 特にお薦めは昨年6月の「水玉の中のアジサイ 3 -雨あがりの庭で-」です。よかったらご覧ください。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

クロアゲハ

昨夜からの雷と雨はすごかったです。お陰で雨が上がった時に水玉写真がいっぱい撮れたのですが、まだ選べていないので、今日はこの写真をお届けします。
Kuroageha070605今週、偶然歩いていて出合ったクロアゲハです。カメラ(OLYMPUS SP-550UZ)を持っていてよかった~。普段の移動はほとんど車なのですが、この日は駐車場が用意されてなかったので、がんばって歩いていくことにしたのでした。

クロアゲハを見つけたものの、カメラをバッグから出すのにまず手間取り、加えて明るくてモニターが見え辛く思うように撮れなかったのですが、意外にも綺麗に撮れていました(オートモード、トリミングしてあります)。羽ばたいている上の羽はちょっとぼけてますが、器官(口吻というらしい)を伸ばしてランタナの蜜を吸っているところが写っていてカンゲキ。動きの速いチョウは連写モードで撮るとよかったのかなと思いますが、切り替えがすばやくできない(ワンタッチでできるといいのに・・・)ので、そんなことをしていたらチョウは飛び去ってしまいそうです・・・。

この日は帰り道にツマグロヒョウモンにも出合ったのですが、その写真はまた今度・・・。(2回も綺麗なチョウに出会って歩くといいことあるなあと思ったのですが、家に帰ってみたら日傘の袋をなくしていることに気付きましたぁ・・・。)

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モリムラマンネングサ

Kokemodoki070603_1ずっと名前がわからなかったコケのような植物の名前が、他の植物の名前を検索していたら偶然わかりました。モリムラマンネングサというようです。庭の雑草避けの砂利の間からも生えてきて完全に取り去るのが難しく抜いても抜いてもなくならないのですが、グラウンドカバーとして売られているようです。雑草じゃあなかったのですね。うちには何かの苗にでも付いてやってきたのかしら? 夏になるとこういう黄色い花が咲くのです。花の直径は5ミリくらいでしょうか。スーパーマクロで何度か撮ってみたのですが、どうもうまく撮れません・・・(^^ゞ せっかく花の名前がわかったので、忘れないように載せておきまーす。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

カタバミの花

一昨日に続き、小さい花の世界です。この黄色い花は、カタバミです。見慣れた雑草も葉っぱなしで拡大して見ると別の花のような感じです・・・。
OLYMPUS SP-550UZのスーパーマクロで撮影。(トリミングしてあります)
Katabami070603夏の間は取っても取っても常に庭のどこかで咲いているような繁殖力の強いカタバミ。今までは被写体にしようとなどと思いもしませんでしたが・・・、スーパーマクロでなら、直径1センチほどの花の中がよーく見えますね。カタバミの花をこんなにじっくり見たのは初めてです。(クリックして画像を大きくしてご覧ください。)撮影後は抜き取ってしまいましたが^_^;

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

タイムの花

Taimu070603今年も庭のタイムの花が1週間ほど前から咲き始めました。OLYMPUS SP-550UZのスーパーマクロで撮ってみると(画像はトリミングしてあります。クリックすればもう少し大きくなります)、直径4ミリほどの花のつくりをじっくりと見ることができました。花の中ってこんな風になっていたのですね・・・。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

環水平アーク !

Ark0706021015土曜日(2日)のことです。朝から子供会の資源回収があり、搬入方々今後の打ち合わせなどを空を見ながらしておりました。筋雲やさざなみ雲など次々といろんなパチリしたい空が現れていたのですが、話ながらカメラを出すこともためらわれ、撮影は見送っていました。ようやく解散になり、ふと空の下の方を見ると彩雲が!・・・と思ったけれど、彩雲にしては色が虹のように伸びていて、さらに上側にも同じような虹色の帯があるのに気付きました(10時15分ころ)。上側のは時々見かける内暈の位置です。下側のも外暈の位置っぽいです。ということは、空のブログでよく話題になっているアークというものかしら??と思いつつ、携帯していたcasioのカメラ(EX-Z40)で撮りました。それがこの画像です。カラフル加工してみましたが、残念ながらあまり色は出ていません。上から1/3あたりのところと下から1/4あたりのところに赤っぽい円周の一部が見えているのがわかるでしょうか?

Ark0706021033家に戻ったらすぐにおニューのOLYMPUS SP-550UZで撮ろうと思っていたのに、家に入ったとたん他の用事がありすっかり忘れてしまいました(^^ゞ 思い出したのは15分後くらい・・・。もう消えちゃったよねと思いつつ、外に出てみたらまだ下側の虹色の帯ははっきり出ていました(*^。^*) 前回の虹へのコメントで教えていただいたように露出補正値を低く(-0.7)して撮ってみました。(-0,3の方がよかったのかな? 画像はPCに取り込んでから、これもコメントで教えていただいたように明るさを下げてコントラストを上げて、鮮やかさを増すためにカラフル加工してみました。) 撮り方がよかったのかどうかはわからないけれど、とりあえず綺麗に色が出て嬉しいです! 天空博物館さんで調べてみたら、やっぱりこの虹色の帯は環水平アークのようです。生まれて初めてこの目で見ました。今まで空のブログで話題になっていてもいまひとつよくわからなかったのですが、実物を見てどういうものかようやくわかりました。虹はアーチの外側が赤色だけれど、アークは内側が赤色になるんですね(太陽に近い側が赤)。

Ark0706021033uもう一枚、ズームして撮ってみたものです。(画像は全て大きくなります。)

この後もかなり長い間、環水平アークは見えていたと思います。太陽からのプレゼントに一緒にいた次男とともに感激でした。それにしても、資源回収の場所でカメラを空に向けていても誰も無関心でした。空の上でこんなドラマが起きていたのに、もったいない・・・。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (12) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »