« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

空にお絵かき

Airf0610a昨日は自衛隊の航空祭だった。ローカルニュースによると8万だか9万だかの人が基地に集まったとか・・・。わざわざ見に行くほどの興味はないけど、上空を轟音たてて飛ばれるとやっぱり気になる。ベランダから時折ウォッチング。

まずは4機編隊で飛んできたブルーインパルス。

Airf0610b数十秒後、向きを変えて現れて基地方向へ飛び去った。機体の色が違うのは、1枚目が背側が見えてたとすると、今度は垂直飛行でもして腹側が見えているのかな??

Airf0610c1分後向こうの方を見ると宙返りして輪を描いている機体が・・・。

Airf0610dしばらくしてまた轟音がするので、外に出てみたら、今度は6機編隊がやってきた(撮り損ねた)。5機と1機に分かれて飛行・・・・と思ったら、向こうで5機がなにやら描いている。ローカルニュースでは「花」だといってたけど、花に見えます?

Airf0610eほぼ同じ時刻、残りの1機が飛んできて、スモークを出したり止めたり。この1機が点線を描いているうちに、5機の方は・・・

Airf0610f星の模様を描いていたらしい。描いているところを見逃したが、先ほどの花の模様が消えかかった下に、いつの間にか☆形が・・・・。

わずかな時間ではあったが、珍しいものが見れてブログネタになったことは事実。でも、はるばる宮城の基地からやってきて、1回のお絵かきにかかる飛行代っていくらなのだろう? すべて税金ということを忘れてはなりませぬ。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

薄明の空に三日月

Sky0610251729a日の暮れがずいぶん早くなって、5時半ごろにはご覧の様な薄明の空(25日撮影)。空気が澄んできたのか、日没後、地上近くの空の色の赤みが強くなってきて、夜になる一歩手前の空がとても綺麗に感じられる。三日月も浮かんで、なかなか絵になる光景だった♪

ところで、「秋の日は釣瓶落とし」といわれるのには、秋は日の入りの時刻の変化が四季の中で一番大きいからなのだそうだ。東京の日の入り時刻で言うと、7月1日から8日には7時1分から7時へと1分しか早まらないのに、10月1日から8日では、5時26分が5時16分へと10分も短くなる。他にも南中(太陽が真南を通過)時刻が早くなることや、太陽も沈んだあとまっすぐ落ちていくとかで黄昏の時間が短いことなどが関係しているようだ(今日の朝刊にてにわか勉強)。秋はあっという間に日の暮れが早くなっていくように感じられるのは、ちゃんと根拠があることだったんだ・・・。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。この写真を気に入って下さったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

水玉のハーモニー

061024ko6673昨日、今日と見事な秋晴れでその前はしばらく天気が悪かったことも忘れてしまいそうだけど、一昨日(24日)の朝、雨あがりにまた滴(水玉)の写真を撮った。

まずは、コニファーについた小さな水玉。一つ一つの水玉に小さな空が映っている♪ ほんの少し青空が覗いた時に撮ったもの。日が射しているときが水玉がきらめいて、撮影チャンス!

(それにしても撮影中のわずかな間にも、空は明るくなったり暗くなったり忙しいこと・・・。できればずっと日が差していてほしかったんだけどね^_^;)

061024en6648次は以前から撮りたかったエノコログサの水玉。エノコログサにつく水玉は、とても小さいので、雨が上がってちょっと太陽が出てくるとすぐに消えてしまい、気がついたときには撮り損なっていたのだ・・・。エノコログサの種ってこんな風についているんだね。

061024sr6678こちらは7月頃から咲き続けているサルスベリ(百日紅)についた水玉。名前の通り、100日ほど咲き続けているが、いよいよもう花の季節も終わりのようだ。また来年たくさん花をつけてくれるといいな。

061024sm6667最後は、おなじみのシマアシの葉についた水玉。

この日は、このあとまた天気が崩れ、夜には大雨となった・・・。

(画像は4枚ともクリックで大きくなります。)

★今までの滴の写真は左サイド・カテゴリーの「水玉」でご覧になれます。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。水玉の世界を気に入って下さったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クモの作品 2

Kumonosu061025快晴の空に浮かぶジョロウグモ(たぶん・・・)の巣(25日撮影)。前日は大雨が降ったのに、びくともしていない。大したものだ。ムクゲの木と木の間にダイナミックに張られている。

本当は虹色にきらめく蜘蛛の巣や、雨粒がきらめく蜘蛛の巣が撮りたいのだけれど、蜘蛛の巣が張られている場所もかなり高いところだし、なかなかうまくいかない。それにしても、円周状の糸は、写っているのにそれに交差する糸が写らないのはなぜ? 糸の光の反射の仕方が違うのかな。雨の水滴も降っている時すらほとんどつかないもの、蜘蛛の糸に秘密があるんだろうな。

ところで、夕方このクモの巣の上の蜘蛛を見たときには、なんと足が4本か5本しかなかった。この写真を撮った時は7本はあるのに。昼間虫を捕まえて食事していたので、その時に格闘でもして捥げたのかな? 自然界は厳しい・・・。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

水玉の中の風景

0610236623tr昨日の朝の雨あがりに、撮ったグラジオラスの葉についた滴。グラジオラスの葉をサンドイッチするようについた水玉レンズにクルマがいっぱい。

061023sh6632こちらは、シェフレラの水玉の中の空。このとき、一時的に日が射して、少し青空も顔を覗かせた。

(2枚とも画像はクリックで大きくなります。)

★今までの滴の写真は左サイド・カテゴリーの「水玉」でご覧になれます。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。この写真を気に入って下さったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

蔵出し「水玉」

0609126402shここ数日これといって撮りたいような空にも自然にも出会えないまま、夕方から雨。

画像は9月に撮ったものの掲載しそびれていた、シェフレラ(カポック)についた滴。水玉(滴)の中いっぱいにシェフレラの姿が広がっていて、何が映っているのかちょっとよくわからないかな^_^;

★今までの滴の写真は左サイド・カテゴリーの「水玉」でご覧になれます。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。この写真を気に入って下さったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

Cntr22022061022ちょっとおまけ。先ほどブログのカウンターが「22022」とミラー番号になっていたので、記念にぺったん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

昨日の夕日

Sky061018一日の終わりになるともう今日の空がどんなだったかはっきりと思い出せない^_^; ましてや昨日の天気となるとさらに怪しい。写真は昨日の午後4時半頃の夕日。確か日中は霞んでいたというかあまり魅力的な空ではなかったが、ふと外を見ると真っ赤な夕日が山に入ろうとしているところで、あわててパチリしたのだった(夕日モードで撮影)。

今日は青空も夕日もそこそこ綺麗だったようだけれど、撮れる状態にあらず・・・、残念~。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。この夕日を気に入ってくださったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

クモの作品

Kumonosu06100710月初めからクモの活動が盛んになり、庭のあちこちにクモの巣が張られている。写真はベランダから1階の物干しの竿にかけて張られた立派なクモの巣(写真は10月7日撮影したもの 風で揺れるし太陽は眩しいし撮り難かった)。こんなに何もないところに、どうやって張っていくのだろう? 少々の風でも雨でも全く平気。取り去るのがもったいないような「作品」だった。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

秋の空

Sky0610121015昨日の朝10時ごろ、ふと空を見るとうろこ雲が広がっていた。写真に撮らなきゃと思っているうちに数分たってしまったら、アラ、うろこ雲はほとんど消えてしまい、水面に広がる波のような雲が広がっていた。

Sky061012105411時前、上空を見上げると、彩雲だ! 眩しいのでボール紙で太陽を覆ってパチリ。でも、写真ではほとんどわからなくて残念・・・。ボール紙の上の薄い雲がかすかに色づいてるんだけど、わかるかな?? ちょっと無理だよね^_^;

Sky0610121054wこちらは真ん中の写真と同じ時刻の西の空。

今日はあまり面白い雲は見られずじまい・・・。この週末の空はどうだろう??

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。お好きな青空があれば、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

雨あがりの彼岸花

0610026553hg3連休は一人で大阪へ帰省していた。帰ってきたらすっかり彼岸花の季節は終わっていた・・・。あのすごい風がなければ、遅咲きのものの花がまだ残っていたかもしれないけれど、日曜日の風がキョーレツだったらしい。彼岸花の花びらが見事に散っていた。普通、彼岸花の花びらって散らないよね?そして何より驚いたことに、彼岸花が根元からボキボキ折れている。強風で折れたのだとか、もうビックリ! 彼岸花が折れる風ってどんなん? 留守にしていて幸い(笑)。

0610026556hg時機を逸してしまった感じだけれど、写真は2日に撮った雨あがりの彼岸花。花モードで撮ってみた。効果のほどはいかに?

彼岸花ってこういう風に部分的に咲いていくんだね。たいてい同時に咲いているように思うけど・・・。

彼岸花の上の水滴の中に彼岸花が映っているものが撮りたかったんだけれど、写ってはいてもはっきりしなくてダメだった。

0610026521ayこちらはアヤメの葉についた水滴。水玉の中に彼岸花が映っている。(画像は3枚ともクリックすれば大きくなります)

★今までの滴の写真は左サイド・カテゴリーの「水玉」でご覧になれます。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。この写真を気に入って下さったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

水玉の行列

0610026527smシマアシの葉っぱの上の水玉(滴)の行列。プルルン。
水玉の場所によって、映っているものが違う。当たり前なんだろうけれど、こんな小さな水玉に、ひとつずつ映っているものが違うって改めて感動しちゃった。(画像をクリックで大きくしてご覧ください。)

以上、先日予告した10月2日に撮影したもの第一弾。

ところで、数日前からクモがベランダから下の竿や木にかけてりっぱな巣を張っているので、滴がついたところを撮りたいと思っているのだけれど、これがなかなか滴がつかない。水とはじくようにうまくできているようだ。滴がいっぱいついたら重くなって糸が切れちゃうかもしれないからかな。観察してみるといろいろ面白いものだ。

★今までの滴の写真は左サイド・カテゴリーの「水玉」でご覧になれます。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。この写真を気に入って下さったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

雨あがりの庭で出合ったツチイナゴ君

Tutiinago061002a朝激しく降っていた雨も午前中に上がった。水玉写真を撮ろうと庭に出て、魅力的な水滴を探して花中心に「物色」していたら、ビックリした! ムクゲの花の上にツチイナゴがいたのだ。しかも、花粉を食べている。ツチイナゴが花粉を食べるなんて・・・・。ただ触っているだけかと思えば、口を動かしてほんとに食べていた。口の周りが花粉だらけなのが可笑しい。

Tutiinago061002bでも、カメラを向けたのがお食事の邪魔をしてしまったようで、こちらを向いてしまった。正面から見ると余計にとぼけた表情が憎めなくて、「ツチイナゴ君」と君付けで呼んでしまう。そういえば、今シーズンはまだ出合っていなかったのかも。

今日は午後からまた雨になってしまった。気温が上がらず寒い一日だった。とはいえもう10月。寒くて当たり前か・・・。

水玉写真はまた後日掲載予定ということで・・・。


☆ココログ・メンテナンスのお知らせ:2006年10月3日(火)01:00~15:00の約14時間 コメントなども受け付けられないそうです(トホホ)。 その分といってはなんですが(^^ゞ ランキングの応援クリック↓よろしくお願いします。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。この写真を気に入って下さったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

雲の展覧会 その7

Sky0609281014前回のブログで予告した28日の空、ようやく掲載^_^; 

1枚目、真っ青な空に薄く刷毛で描いたような筋雲が伸びる伸びる~。残念ながらわたしのコンデジでは収まり切らない。10時過ぎの西の空。

Sky060928103820分後はこんな雲が流れていた。刷毛で描いたような薄いヴェール状の雲の模様が面白かったのだけれど、写真に撮るとあまりわからない・・・、残念。

Sky060928111311時過ぎの南の空。真ん中の電柱の上辺りには、横筋の雲が肋骨のように出ているのがうっすらと見える(わかるかな?)。

Sky0609281314_113時過ぎ、ふと南の空を見るといつのまにか、鰯雲というのかまだら雲というのか・・・秋っぽい雲に覆われていた。このあと次第に空は雲に覆われていった(と思う。2日もたつと、もう思い出せない(^^ゞ)

タイトルに困って、「雲の展覧会」にしてしまったけど、今回のはちょっとタイトル負けかも^_^; 雲の展覧会シリーズはカテゴリーの「空」でグーッと下へスクロールしていくとご覧になれます。

★人気blogランキング(風景・自然写真部門)に参加しています。お好きな青空があれば、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »