« 雲の展覧会 その2 | トップページ | 庭の花たち その後 »

2005年9月21日 (水)

彼岸花

higan050919y昨日は彼岸の入り。
一週間ほど前からチラチラ咲き始めていた彼岸花が、あちこちで一斉に燃えるように咲き出した。
ちょっと毒々しい感じもするけれど、美しさ、力強さも感じる。

higan050919aghアゲハチョウもお気に入りのようで、ずっと彼岸花の周りを飛び続けていた。
飛び回る蝶を撮るのは難しい・・・。


★人気blogランキング(風景・自然写真)に参加しています。
応援クリック↓よろしくお願いします。
人気blogランキング


|

« 雲の展覧会 その2 | トップページ | 庭の花たち その後 »

「写真」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

「花」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、こんにちは。
彼岸花にアゲハチョウ。初めて目にします。
貴重なショットですね。
彼岸花って田んぼのあぜ道に咲くという先入観があるんですが、なんと、さきほど、キャンパス内の石段のそばに数本、咲いているのを見つけて驚きました。
春と秋。ちゃんと覚えていて咲くんですね。

投稿: むささびとびのしん | 2005年9月22日 (木) 11:52

とびのしんさん、こんばんは。
『ひがんばな』という科学絵本にアゲハチョウがとまっている彼岸花の絵が描かれていたので、ありふれた光景なのかもしれません。

大学の中に彼岸花ですか、球根はどこからやってきたのでしょうね?
キャンパスを造成した時の土の中に混じっていたのでしょうか??

彼岸花が咲くのは秋のお彼岸だけですよ(^^)
でも、毎年ぴたっとこの時期に咲き出すのはとても不思議ですね。

投稿: めーべる | 2005年9月22日 (木) 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81469/6049437

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花:

» 彼岸花 [[彼岸花]情報]
の小津安二郎監督の映画。 ----ヒガンバナは単子葉植物綱ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。学名''Lycorisradiat彼岸花#彼岸花は、単子葉植物綱ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。#彼岸花は、1958年公開の小津安二郎監督の映画。----ヒガンバナは単子葉植物綱ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。学名''Lycorisradiata''(Herb).種名radiataは「放射状」の意、散系花序で6枚の花弁が放射状につく。日本には中国から伝来した帰化植物と考えられる。道端などに群生... [続きを読む]

受信: 2005年9月23日 (金) 13:50

« 雲の展覧会 その2 | トップページ | 庭の花たち その後 »