« 青空と御神木 | トップページ | メガネマン? »

2005年8月27日 (土)

ショウリョウバッタ

batta050827庭でチョコッと雑草を抜いていて、顔を上げると・・・バッタが。あらー、ずっとそこにいたのね。オリヅルランが保護色になっていて気づかなかった。

おんぶしているバッタをオンブバッタと俗称でそういうのかと思っていたら、そうじゃないらしい。(下にいる大きな方がメス。上がオス。)オンブバッタとショウリョウバッタってどう違うのかずっと疑問に思っていたら、こちらに違いが載っていた。触角の長さと色からしても、この2匹は間違いなくショウリョウバッタだと思う。他にも違いは、ショウリョウバッタはよく飛ぶが、オンブバッタは飛ばないらしい。この2匹はよく飛んだ。
batta050827f

正面から見ると、ほのぼの系のお顔立ち(^^)

ちなみに「盆の頃に墓地の草むらでよく見られることから精霊(しょうりょう)の名がついた」らしい。飛ぶときにキチキチと鳴くので俗称は、キチキチバッタを言われているのだとか。


★人気blogランキング(風景・自然写真)に参加しています。
応援クリック↓よろしくお願いします。
人気blogランキングへ

|

« 青空と御神木 | トップページ | メガネマン? »

「写真」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、おはようございます。
ショウリョウバッタ、トノサマバッタ、キチキチバッタ、ハタオリバッタなど、いろんな呼び方がありますね。
草取りの時に撮られたんですね。ということはカメラを持って草を取っていらっしゃった?
ナイスショットですね。「備えあれば」ですね。
ほのぼの系のお顔もいいですね。
昨日、ツチイナゴを見ました。

投稿: むささびとびのしん | 2005年8月28日 (日) 06:57

とびのしんさん、こんにちは。
ハタオリバッタという言い方は初めて知りました。
http://www.iip.co.jp/zukan/mushi/12.html
特徴をうまく捉えて命名しているんですね。
(トノサマバッタともいうのですか??)

バッタを見つけてから、カメラを取りに家の中へ入りました。
ショウリョウバッタはあまり動かないので、撮りやすいです。
カメラでも持たなければ、虫の顔をゆっくり眺めることはないでしょうね(^^)

投稿: めーべる | 2005年8月28日 (日) 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81469/5666619

この記事へのトラックバック一覧です: ショウリョウバッタ:

« 青空と御神木 | トップページ | メガネマン? »